2018年3月の教材

作品名 作者名 サイズ
藤(円窓) 林田房枝
(長崎県)
式紙

小さな花が房状に並んだ美しい花です。
房になった時のバランスを考えて貼りましょう。

(式紙) 円窓外パール【玉虫色】
(和紙) 厚紙7種、薄紙2種、合計9種類。

(下図) 枝や葉のラインと花の房の目安を描きます。
(花)  花茎は黄緑系ぼかし染め厚紙を細くちぎり貼ります。
     花の房は下の小さい花から段々大きくなるように、
     紫系厚紙の4種類の色の調子を変えながらちぎって貼ります。
     ※特に密になっている部分は、先に染めが淡い紫系の厚紙を下貼りしておくか、
     紫系超々極うす紙の2種類をちぎり貼り重ねると花に厚みが出ます。
(枝)  紫系絞り染め厚紙をちぎり貼ります。
(葉)  葉柄は緑系厚紙の2種類を細くちぎり貼ります。
     小葉は緑系厚紙の2種類をちぎり貼ります。

     ※枝や葉にも紫系超々極うす紙の2種類をちぎり貼り重ねることで作品全体に統一感が出ます。


(立花)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。